ノベルティを作成して良かったこと!

ノベルティを作成して良かったこと!

ノベルティのエピソードを集めてみました!

ノベルティで大盛り上がり

私は某アパートに入っているアパレルショップで働いています。
毎年12月に会員様にハガキを出し、それを持ってきてお買い物を1万円以上お買い上げのお客様にバック掛けのノベルティをプレゼントしていました。
昨年はそのバック掛けがかなり好評をいただき3店舗で500個用意していたバック掛けが2週間ほどでなくなりました。
実はこのバック掛けのデザインは私が考えていて大人の女性のカワイイを表現したくて
大きなストーンや小さなストーンを組み合わせてキラキラのお花をモチーフにしていました。
安っぽくならない様に子供っぽくならない様に、大人の女性の上品なスタイルに合う様に考えました。
お客様からも「すごく可愛いわ」「お友達にもあげたい」といっていただきやりがいのある仕事を達成したなと満足感でいっぱいでした。
お客様の客単価もあがり、一万円以上でノベルティなのでまとめ買いをしてくれる方がほとんどで、
いつもは躊躇するセールストークもノベルティがあるので、と言いやすかったです。
また、最近では
SNSで写真に載せて広告もできるしお客様が写真をアップしてくださって口コミ効果も広がって年々会員様も増えてきています
年に一度のノベルティですがお客様に感謝の気持ちと一緒に届けられ、お客様から支えられているのを知れるいい機会になっています。


展示会のノベルティ


展示会のノベルティとして、会社のロゴ入りのボールペンを作成しました。
展示物自体は毎回見せ方を工夫しているものの、商材が同じなので変わりばえのしない印象です。
そこで、来場者に渡すノベルティこそ来てくれたお客様に対する感謝の気持ちを表し、展示会の満足度を上げてくれるので毎回何度も社内検討会を行っています。

今回はロゴ入りのボールペンというどこにでもありそうなノベルティを作成しましたが、どこにでもあるということはそれだけ汎用性が高いということだと判断しました。
展示会に来場して頂いたお客様からも実用的で使いやすいという評価を頂きました。
商談の場で当社のノベルティを実際に使っている場面を目にすると、お客様の気遣いを感じて嬉しい気持ちになります。

お客様は競合他社のメーカーの展示会にも多数参加しているので、具体的な商品を覚えていることはあまり期待できません。
あとあとその記憶を思い出して頂けるのはノベルティを見たときだと思います。

そういえばこのノベルティはあの展示会でもらったものだなと思い出して頂けるのがノベルティの良さです。
お客様への感謝と当社の存在感を表すノベルティは、時間をかけて意見をすり合わせて選びたい大切なアイテムです。


ちょっとした「嬉しい」を感じてもらえること


私の知る社団のイベントが初開催の際、ノベルティを作成しよう!ということになり作成しました。
はじめてのイベントでのノベルティはデザインを依頼して、社団のキャラクターがかかれた可愛いキャンディーでした。
作成はデザインされて送られてきた大量のキャンディーを一つ一つデザインが違う3つを一つの袋に入れ、可愛いリボンで縛って完成です。
ノベルティというほどなので来場した方全員に配るため、正直気が遠くなりそうな量だったのですが、
これをもらった方に「かわいい!」「嬉しい!」と思ってもらえるように、丁寧に一つ一つ包装していきました。

イベント当日、来場者にはその他の資料と合わせてノベルティを差し上げたところ、頑張って作成したノベルティはほとんどなくなってイベントが終了。
これだけの人の手に頑張って作成したノベルティがいっているのだと思うと、売り物ではないのですがなんとなく達成感がありました。
イベント終了後、嬉しいことがありました。
イベントが終わって帰られる来場の方々がノベルティを見て「これ可愛いですね!」「ありがとう!」と声を掛けてくれたり話し合ったりしていたのです。
開催者とも話をしているとノベルティが非常に好評だったとのこと。
本当にやってよかった!と思いました!
ちょっとしたことですが、それが
次の開催の来場者数にも関わってくるようで、2回目の開催ではノベルティを楽しみにして来られた方もいらっしゃいました。
ノベルティ作成は数がかなり多く、結構大変な作業ではありますが、そのデザインや包装をそのイベントに合ったものにすることで、
ちょっとした「嬉しい」を感じてもらえます。

嬉しいを感じてもらえるのがやりがいです!


ノベルティをきっかけとしたコミュニケーション

所属する会社の求人用のノベルティを作成しました。まず最初に作ったのは扇子です。
カバンにひっそりと忍ばせて貰えることを願い、パンフレットと一緒に渡していましたが、それで効果が出た感じはありませんでした。

 そこで気づいたのが渡し方です。ただパンフレットと一緒にしていては、何のアピールにもなりません。
そこで、最後にノベルティを紹介して渡す、という方法に切り替えました。
ここで感じたのは、
最後に笑顔で終われることの素晴らしさです。
求人の場合は、人として気に入ってもらえることも重要ですので、互いに笑顔で終わることができると、次に繋がります。

また、もうひとつ効果的だったことがあります。
それは、会話が苦手な社員が、
ノベルティを材料に、楽しそうに話せるようになったことです。
求職者とのコミュニケーション手段だけでなく、社員のコミュニケーション能力にまでいい影響を与えるのは嬉しい誤算でした。

ノベルティはそれ自体にはあまり効果はありません。
それよりも、ノベルティをきっかけにどうコミュニケーションを深めていけるかで、その後の実績に繋がっていきます。
とはいえ、何でもいいわけではなく、喜ばれるものを選ぶべきです。
私の会社では新たに折りたたみ傘を導入しました。晴れの日は扇子、雨の日が折りたたみ傘、と使い分けることにより、会話を弾ませています。



ノベルティ 制作

オリジナル 販促品

ノベルティグッズ 作成